投稿

お金についてQ&A 20

Q & A 20 遺産相続時の税金を生命保険をかけて軽減する方法

Q: 私の友人の、資産家の両親が亡くなり、その最後の税金を払うため、友人は不動産を売って払わないといけないとこぼしていました。非常に良い物件で売りたくないとのことですが、税金を払うためには仕方がないといっています。売らなくても済むような、何か良い方法はないのでしょうか。

 

A: 非常に良く使われる方法で、一般的なのが生命保険で遺産を守る方法があります。

それには以下の利点があります。

1. Probate(遺言検証)なしに死亡保険金が迅速に受取人に支払われる

2. 積立金部分が老後の収入として使える

3. 遺産相続時、親の財産の税金を払うため、不動産を売ったりしなくて、死亡保険金で税金を払える

4. 終身保険の積立金は非課税で増える

5. Creditor protectionがあるので、生命保険金、積立金は債権者から差し押さえられない

Case 1

ジョー60とアリス60ふたりとも大会社の重役で3人の子供がいます。 二人ともRRSP, TFSAMaxており、株、債券Segregated Fundに合計$2millionまた、セカンドハウス、コテッジ、レンタル物件もあり相当の資産を築きました。この快適な生活レベルを子供、孫たちにも引き継いでもらいたいと望んでいます。

Estate Plannerと話したら、彼らの死亡時のTax$1million以上になると聞きショックをうけました。株、債券、不動産物件のCapital Gain(売買益)税も27%になります。

彼らの死亡時、税金を払うために、子供たちが不動産を売らなくてよいように$1millionの終身保険をかけることにしました。

10支払いの終身保険の保険料は毎年$25,000ぐらいです。

夫婦の死亡時、の死亡保険金$1millionで税金を払えるため子供たちは不動産を売る必要がないので安心です。

Case 2

会社経営のボブ60 才とサラ 58才は二人の子供がいます。夫婦には毎年$30,000の余剰資金があります。Financial Advisorこれを普通に投資したら、毎年、課税されますが、これを毎年、終身保険に入れたら以下の利点があり、この死亡保険金で、子供たちは夫婦の資産、不動産を処分しなくても税金が払え、なおかつ、かなりの現金も手元に残るとアドバイスしました。

1. 毎年$30,000は課税される普通の投資信託への積立から、非課税の終身保険の保険料になります。 

終身保険の積立金は非課税で貯まり、死亡保険金もそれにつれ増え、死亡保険金は受取人に非課税で支払われます。

Non-Registered投資

終身保険(Whole Life Joint last to die)

$30,000 20年間 毎年固定利子年率2.5%で貯蓄  元本合計$600,000

$30,000の保険料20年間払う

保険料合計$600,000

開始後すぐ死亡したら$30,000がはいる

開始後すぐ死亡したら$892,000の保険金がはいる

30年後の貯蓄額$1,005,000

30年後に夫婦とも死亡時の保険金$2,160,000

30年後の貯蓄額$1,005,000

30年後の積立金額$1,582,000

30年後に夫婦とも死亡時の死亡保険金は$2,160,000で、非課税で受取人の子供たち2人にいきます。

死亡保険金はProbate(遺言検証)の中に入りません。

終身保険の積立金、死亡保険金はボブとサラの会社がつぶれたり、訴えられたとしても債権者から保護されています。

いくら子供たちが死亡保険金を受け取ったかは完全な非公開でだれにもわかりません。

ボブとサラの財産を減らすことなく、子供たちにこのお金が引き継がれるので、安心して老後をくらせます。

このように、保険会社のSegregated Fund終身保険を遺産相続の中にいれると、遺産相続が迅速に効果的に行われ、より大きな額の遺産を受け取ることができます。

*遺産相続に関してお気軽に何でもお尋ねください。

お金についてQ&A 19

Q & A 19 高くつくProbate(遺言検証)をしない一番簡単で効果的な方法

遺産相続において非常に重要な方法Segregate Fundを使う)その2

前回お話しした、Segregated fundについて、それ使う利点の実例です。

遺産を、早く、安く、秘密裡に受取人(家族、子供等)に渡せます。

Case 1

ジョンとメアリーには子供が2人いますが、10年の結婚の後、離婚しました。子供たちはメアリーと住んでいます。数年後、ジョンは連れ子1人を持つエリンと再婚しました。ジョンは遺言書に財産を妻エリン、前妻と自分の子供2それぞれ、3分の1づつ分けるように書きました。しかし、妻エリンは財産は全部自分がもらうべきだと主張して、裁判所にContest(異議)を申し立てました。Contestがあると、裁判所は審理に4年かかり、その間、財産分与は凍結されます。弁護士費用もかさみ、また、家族の壮烈な争いにもなります。

それを避ける方法は財産をSegregated Fundにいれて、ジョンの前妻との2人の子供を受取人に指定すれば、Probate(遺言検証)なしに、速やかに2人の子供にお金が支払われます。こうすれば、Segregated Fundは秘密が守られるので、現在の妻エリンに知られることもなく、お金がジョンの意思どおりに、迅速に受け渡せます

最近は、離婚が増え、再婚、再々婚で家庭環境が複雑になり、ProbateContestするケースが増えています。Contestされると、お金を受け取れるまでに何年もかかり、また、その間の弁護士費用もかさみます。それを避けるには、Segregated Fundにいれ、お金を残したい人を受取人にすれば、死後、自分の希望どおりに速やかにお金を受け取ってもらえます。

Case 2

ケン68、ジュリー 66才は3人の子供がいます。夫婦で、株、債券、Mutual Fund$1million数件のレンタル用不動産ももっています。最近、友人がなくなり、そのProbate (遺言検証)にもう2年もたっているのにまだ、お金が子供たちに渡っていないのをみて、どうにかしなければと思い、Financial Advisorに相談したところ、株、債券、Mutual Fund$1million全部Segregated fundにいれて、こども3人をBeneficiary (受取人)にればよいといわれました。

そうすれば、子供たちはProbateなしに2週間以内に全額が受け取れます。しかも、非公開なので受取人がだれかは完全に秘密です。一方Probate(遺言検証)は裁判所でされるので、全部公開されだれでも資料をみることができます。

不動産はProbateの対象になるので、それを生前、売り、そのお金もSegregated Fundにいれれば、もっと多くの資産を子供たちに残せます

更に、重要な特徴はSegregated Fundのお金はCreditor Protectionがあるので、ビジネスオーナーでBankrupt(破産)したり、Professionalの職業で訴えられた場合、債権者かSegregated Fundお金を取り上げられることはないです

 

預金、投資保護

カナダではあまりあり得えないことですが、万が一、銀行や保険会社が倒産した場合の保障もあります。よく銀行がつぶれてもCDICの保障があるから大丈夫だと思っている人がいます各銀行の1人の預金額は最高、$100,000までしか保障してくれません。

また、銀行のMutual FundCDICの保障にまれないので、全く保障はありません。

しかし、保険会社のSegregated Fund Assurisという保険機構が上限なしで預けているお金の85%を保障しています。 www.cdic.ca www.assuris.ca をご参照ください。

以下、ダンの例をご覧ください。

ダンは1つの銀行に数個のGIC (定期預金)合計$1millionをしています。

$1million Non- Registered Assets

CDIC 銀行倒産時の保障

Assuris 保険会社倒産時の保障

$100,000 max protection per depositor

預金者一人につき、最高$100,000の保障

85% of $1,000,000 の保障

*死亡、満期保障100%の場合

$100,000がダンに戻る

$850,000がダンに戻る

ダンは半分RRSPにしたとします。

$500,000 Non-Registered Asset

$500,000 RRSP

CDIC 銀行倒産時の保障

Assuris 保険会社倒産時の保障

$500,000 Non-Registered = $100,000

$500,000 RRSP = $100,000

$500,000 Non-Registered = 85% x $500,000

$500,000 RRSP = 85% x $500,000

$200,000 がダンに戻る

$850,000がダンに戻る

*このように、保険会社のSegregated Fundの保障のほうが大きいので、安心して預けられます。​​​