投稿

お金についてQ&A 20

Q & A 20 遺産相続時の税金を生命保険をかけて軽減する方法

Q: 私の友人の、資産家の両親が亡くなり、その最後の税金を払うため、友人は不動産を売って払わないといけないとこぼしていました。非常に良い物件で売りたくないとのことですが、税金を払うためには仕方がないといっています。売らなくても済むような、何か良い方法はないのでしょうか。

 

A: 非常に良く使われる方法で、一般的なのが生命保険で遺産を守る方法があります。

それには以下の利点があります。

1. Probate(遺言検証)なしに死亡保険金が迅速に受取人に支払われる

2. 積立金部分が老後の収入として使える

3. 遺産相続時、親の財産の税金を払うため、不動産を売ったりしなくて、死亡保険金で税金を払える

4. 終身保険の積立金は非課税で増える

5. Creditor protectionがあるので、生命保険金、積立金は債権者から差し押さえられない

Case 1

ジョー60とアリス60ふたりとも大会社の重役で3人の子供がいます。 二人ともRRSP, TFSAMaxており、株、債券Segregated Fundに合計$2millionまた、セカンドハウス、コテッジ、レンタル物件もあり相当の資産を築きました。この快適な生活レベルを子供、孫たちにも引き継いでもらいたいと望んでいます。

Estate Plannerと話したら、彼らの死亡時のTax$1million以上になると聞きショックをうけました。株、債券、不動産物件のCapital Gain(売買益)税も27%になります。

彼らの死亡時、税金を払うために、子供たちが不動産を売らなくてよいように$1millionの終身保険をかけることにしました。

10支払いの終身保険の保険料は毎年$25,000ぐらいです。

夫婦の死亡時、の死亡保険金$1millionで税金を払えるため子供たちは不動産を売る必要がないので安心です。

Case 2

会社経営のボブ60 才とサラ 58才は二人の子供がいます。夫婦には毎年$30,000の余剰資金があります。Financial Advisorこれを普通に投資したら、毎年、課税されますが、これを毎年、終身保険に入れたら以下の利点があり、この死亡保険金で、子供たちは夫婦の資産、不動産を処分しなくても税金が払え、なおかつ、かなりの現金も手元に残るとアドバイスしました。

1. 毎年$30,000は課税される普通の投資信託への積立から、非課税の終身保険の保険料になります。 

終身保険の積立金は非課税で貯まり、死亡保険金もそれにつれ増え、死亡保険金は受取人に非課税で支払われます。

Non-Registered投資

終身保険(Whole Life Joint last to die)

$30,000 20年間 毎年固定利子年率2.5%で貯蓄  元本合計$600,000

$30,000の保険料20年間払う

保険料合計$600,000

開始後すぐ死亡したら$30,000がはいる

開始後すぐ死亡したら$892,000の保険金がはいる

30年後の貯蓄額$1,005,000

30年後に夫婦とも死亡時の保険金$2,160,000

30年後の貯蓄額$1,005,000

30年後の積立金額$1,582,000

30年後に夫婦とも死亡時の死亡保険金は$2,160,000で、非課税で受取人の子供たち2人にいきます。

死亡保険金はProbate(遺言検証)の中に入りません。

終身保険の積立金、死亡保険金はボブとサラの会社がつぶれたり、訴えられたとしても債権者から保護されています。

いくら子供たちが死亡保険金を受け取ったかは完全な非公開でだれにもわかりません。

ボブとサラの財産を減らすことなく、子供たちにこのお金が引き継がれるので、安心して老後をくらせます。

このように、保険会社のSegregated Fund終身保険を遺産相続の中にいれると、遺産相続が迅速に効果的に行われ、より大きな額の遺産を受け取ることができます。

*遺産相続に関してお気軽に何でもお尋ねください。

お金についてQ&A 9

Q: 生命保険の歴史について教えていただきましたが、今度はカナダの保険についてもっと詳しく教えていただきたいと思います

 

A: カナダの保険

 日本の生命保険は、入院特約、障害特約等、色々な特約がつき、膨れ上がっていますが、カナダの生命保険は日本ほど多種多様の特約はつかず、シンプルでそれぞれ別個の商品として売られています。

 また、カナダの終身生命保険は残された家族の生活を保障するためだけではなく、資産形成、年金プラン、遺産相続対策、投資商品としても幅広く利用されています。それは、終身保険の積立金部分は非課税扱いという、カナダ独特の法律があるためで、それを利用して色々な金融商品も開発されています。

 今までの終身保険の概念を覆す、全く新しいタイプの終身保険もでています。この新タイプの終身保険は、かけすて保険だけに入っていらっしゃる方、また、非常に高い終身保険に入ったままのの見直しにぴったりです。

 カナダの保険は大きく分けて、生命保険(Life Insurance)、重大疾病保険Critical Illness)、所得保障保険(Disability Insurance)、 超過医療保険(Health & Dental)、海外旅行保険(Travel Insurance)があります。

生命保険

かけすて保険(Term Life) 定期保険ともいわれます。

 10年定期保険、20年定期保険、100才定期保険があります

最初の10年、20年間は保険料が一定で割安子供が成長するまで、短期間保障、モーゲッジ等の期間限定の保障に適しています普通、保障は80才まで

 余談ですが、これは保険会社をもうけさす保険ともいわれています。

というのは、かけすて保険をかけている間に、亡くなる方は非常に少なく、保険料も読んで字のごとし、”掛け捨て”で戻ってきません。保険料はまるまる保険会社にいき、一部は責任準備金として、お亡くなりになった方の死亡保険金として準備されます。

終身保険 (Permanent Life)

 終身保障なので、かけすて保険に比べて割高。積立金部分もあり、それが非課税で運用されます。払い込み期間も設定でき、払い込み終了後も死亡保障が生涯継続します。終身保険には以下の2つがあります。

Universal Life  (積立金部分を株式、債券のマーケットで運用)

Whole Life  (積立金部分は保険会社の配当金)

 人間いつかは死ぬので、終身保険に入ってれば、死亡時に保険金(非課税)が受取人にいきます。これで家族も万が一の時にも、お金の心配をしないで安心して暮らせます。

重大疾病保険 (Critical Illness)

 ガン、心臓病、脳卒中等の重大疾病にかかったら?

働けなくなり収入がなくなった場合、“医療費は?”“モーゲッジ、ローンの支払いは?”“生活費は?”と不安になったことはありませんか?

 そんな時、この保険に入っていれば、保険金が一括(非課税で)支払われ、そのお金を何に使ってもかまいません。

ガン、心筋梗塞、脳卒中、アルツハイマー、心臓バイパス手術等、他20種以上の重大疾病がカバーされます。

所得保障保険 (Disability Insurance)

 けが病気で、仕事ができなくなった場合、毎月、保険金が支払われ収入を補填します。障害や疾病で働くことができなくなった場合、いったい、どのぐらい潜在的に稼ぐことができるかを算出したのが下の表です。(65才で退職した場合)

 

 

$36,000の年収

$48,000の年収

$60,000の年収

$72,000の年収

25才

$4.3m

$5.8m

$7.2m

$8.7m

30才

$3.2m

$4.3m

$6.5m

$6.5m

35才

$2.4m

$3.2m

$4.0m

$4.8m

40才

$1.7m

$2.3m

$2.8m

$3.4m

45才

$1.2m

$1.6m

$2.0m

$2.4m

50才

$0.7m

$1.0m

$1.3m

$1.5m

55才

$0.45m

$0.6m

$0.75m

$0.9m

 

 もし、けがや病気で働くことができなくなった場合、上記の収入を失うことになります。家や車に保険をかけても、お金を生み出す、一番大事な財産である私たち自身(money  machine) 人間に保険をかけるのを忘れていませんか?それがなければ、今までのようなライフスタイルをエンジョイすることができなくなります。日本と違い、カナダの死亡保険金、重大疾病保険金には税金がかかりません。上記の保険はカナダ在住の方が入れます。

**************************************

 また、海外旅行保険、超過医療保険、各種の保険も取り扱っています。

海外旅行保険は、学生、ワーキングホリデー、ビジターの方入れます

保険も車と同じで毎年、新しくなっています。時代遅れの保険に入っていると損します。お手持ちの保険を時々、見直す必要があります。詳細につきましては、お見積もりをお作りいたしますので、お気軽におたずねください。

お問い合わせ

“お金について Q &A 2”

Q: 私は48の夫と15才と12才の2人の子供がいる主婦です。コンドミニアムを持っていますが、モーゲッジを払うのがやっとで貯金あまりありません。夫の保険は掛け捨てだけで、8年前、家を買った時、10ごとに高くなるタイプの$300,000の掛け捨て保険に入りました。保険料は毎月$30 11年目から保険料が毎月$150になります。生命保険は絶対に必要ですが、保険料がかなり高くなるので、どうしたらよいのか迷っています。

A: 生命保険は稼ぎ手のご主人が万一、お亡くなりになっても、家族がらないようにと、250年前イギリス始まりました。最初は、みんなで、お金を出し合い、ご主人が亡くなった家に払っていました。それで、以前は相互会社、(Mutual company)といわれていました。今、一番、亡くなる確率が高いのが、がん千人中、3人ぐらいはがんで亡くなっています。ですから、生命保険とともに、がん保険(重大疾病保険)も必ず入っていたほうが良いです。

この方の場合、今かでも遅くないので、掛け捨てT10 $300,000$100,000終身保険にConvert(転換すると、健康診断なしでConvertできます。)残り、$200,000を掛け捨てT20に変えたほうが良いです。終身保険、$100,000だけでは保障が足りないので、後20年間、終身保険の上に掛け捨て保険T20 $200,000をのせて保障を大きくします。20年後は、子供さんたちも大きくなり、家のモーゲッジの残高も減っているので、終身保障$100,000でも大丈夫でしょう。48才男性、NS(ノンスモーカー)Universal Life$100,000T20 $200,000 保険料、毎月$162です。

掛け捨て保険は読んで字のごとく、お金を捨てるようなものです。掛け捨て保険は家のモーゲッジがある時とか、子供が成長するまでの期間限定で入るのは良いですが、最長80才までしか保障がなく、寿命が長くなっているので、80才までに亡くなる方は少なく、ほとんどの方は保険金をもらうことができないで、保険料だけ払い、保険会社をもうからせる保険です。40才の男性、NS, T10、保障$300,000 40年間掛け捨て保険の総支払額はなんと$169,380になります。80才までに亡くなれば、保険金$300,000がもらえますが、その確率はますます低くなっており、保険料はってきませんし、積立金もまりません。

*掛け捨て保険は終身保険に健康診断なしで、簡単にConvert(転換)できます。

 終身保険に入っていれば、人間いつかは死ぬので、長生きしてもいずれは保険金がもらえます。

保険料は若いほど安く、毎年、高くなるので、終身保険にできるだけ早く入り、20年ぐらいで払い込み終了し、一生涯保障がある終身保険に入ったほうが断然、お得です。

終身保険は大きくわけて、Whole LifeUniversal Life があります。

 Whole Lifeは保険の中で、一番保険料が高いですが、終身保険と年金の両方できる、有益な保険です。積立金はマーケットで運用されず、保険会社の利益の配当金で、毎年、確実に6%-8%の利回りがあり、しかも非課税です。その上、保険料払い込み終了後も積立金がぐんぐん増え、将来の年金として利用できます。40才の時、$100,000 Whole Life 15年払い込み終了保険料は 毎月$265 で、15年間総支払額は$47,700すが、20年後には積立額がこの総支払額を超えて、どんどん増えていき、しかも、終身保障もあり、将来の年金なります。

 Universal Lifeの保険料はWhole Lifeより、安いので、これに入っている方が多いですが、積立金は非課税で、株式や債券のマーケットで運用されます。加入時、20年で払い込み終了と思っていたのに、運用利回りが予定利率より下がり、20年で払い込み終了ができず、延長して払わなければいけないケースが続出しています。Whole Life20年、15年で払い込み終了と設定した場合、保険料支払いの延長はいっさいないです。

従って、生命保険は必須の金融商品、これによって私たちは安心して生活できます。

1.残された家族の生活保障。

2.亡くなられた方に財産がある場合、(借金がある場合でも)不動産や、投資資産を売却して、税金の支払いにあてなければいけませんが、生命保険金で税金を払い、不動産、投資を処分しなくてもいいです。

3.会社としてれば、キーパーソンの死亡による損失を補てんできます。

注:上の保険料は保険会社各社で多少の違いがあります。

**重要なお知らせ**

カナダ政府の税改正により、カナダの保険法が改訂されるため、2017 年1 月1日

から、保険料が高くなります。

生命保険に入ってない方は今年中に入ったほうが割安となります。

また、掛け捨て保険は今年中に終身保険に転換した方がお得です。

生命保険のお見直し、ご質問等はお気軽に、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ