投稿

お金についてQ&A 8

保険は、何のためにあるのでしょうか?助け合いの精神から生まれた生命保険

Q: 最近、英国のEU離脱、トランプ大統領選勝利と想定外のことがいっぱい起こり、この先どうなるの不安です。仕事もいつレイオフされるかとびくびくしています。どうしたら、安定した生活がれるでしょうか。

A: なにげない日常生活の中で、私たちは「もしかしたら」という漠然とした不安をいだきながら生活しています。安心して生活していくために、まず、経済的なリスクに対処するため保険備えておくということは非常に大切です。

保険を知るためにまず、生命保険の歴史を見てみましょう

 生命保険の始まりは様々な説がありますが、ルネサンス期のイタリアですでに存在していたとされており、もともとは奴隷を海上輸送するための保険としてあったようです。

 しかし一方で、中世ヨーロッパの都市で組織された同業者組合である「ギルド」が始まりという説もあります。この「ギルド」では、仲間同士仕事で困った時の資金援助や、けがや病気で働けなくなった時や、死亡時の遺族への生活援助などをしていました。さらに17世紀には、イギリスのセントポール寺院で、教会の牧師たちが組合を作り、自分たちに万が一のことがあった場合に、 遺族へ生活資金を出すために保険料を出し合う制度を始めました。このように生命保険は相互扶助の精神から生まれたのです。セントポール寺院で始まった制度は、皆が同じ金額を支払っていたために、組合員が亡くなったりして減ってしまうと、 約束した金額を支払うことができなくなり潰れてしまいました。その後、18世紀になると天文学者によって、実際の死亡率に基づいた生命表が作られこの生命表によって合理的に保険料計算した「生命保険」が作られました。

人々の生活がしだいに変わっていく中で、病気や入院、けがなどの経済的なリスクに備えるために、イギリスで1762にエクイタブル生命保険会社が初めて設立されました。当初は生命保険は資産家や牧師など特殊な人々のものでしたが、産業革命により都市生活者や給与所得者が急増すると一家の収入の稼ぎ手が亡くなった場合の生活保障や葬儀費用などが問題となり、19世紀半ばロンドンの労働者達が生命保険会社・プルーデンシャル ローン&保険組合(現イギリス・プルーデンシャル保険)に少額な保険料で葬儀費用を賄える保険を作ってしいと申し入れ、プルーデンシャルはこれを受け入れて少額・保険料建・週払の労働者向け保険を開発。こで、生命保険は一挙に庶民のものとなり、一時期、英国の全世帯の1/3がプルーデンシャルと契約していたとも言われています。当時の労働者にとってこうした問題がいかに深刻であったかを物語る事例といえます。また当時のカナダは隣接するアメリカの南北戦争終結後の産業革命を受け、工場労働者(マニュファクチャラーズ)が急速に増えていた時期でした。そこで、カナダでは国策として生命保険会社を整備し、1887年に国会の議決により労働者向けの生命保険を扱うマニュファクチャラーズ・ライフ保険会社を設立。これが現在のマニュライフ生命保険。カナダ初代首相ジョン・マクドナルド19の首相を退任後、社会保障を補う目的で民間の生命保険会社の設立趣旨に賛同し同社の初代社長に就任今日、マニュライフは世界23か国で営業し、総資産は現在$935Billion保険、投資、銀行の3つを持つカナダ最大金融機関で、米国ジョン・ハンコックの名で事業展開をしています。日本では19994月にマニュライフ・センチュリー生命として設立され、中堅生保の第百生命保険相互会社20005に経営破綻し、生命保険契約者保護機構から1,450億円の資金供与を受けて、既存契約の移転および営業権譲受され20019月からマニュライフ、ジャパンなりました。

日本においてはイギリスに遅れること約100年、1867年に福沢諭吉が欧米の近代的保険制度を「西洋旅案内」で初めて紹介したことが発端となり、1881年に日本で初めて明治生命保険会社が設立されました。

 このように、中世ヨーロッパのギルドにルーツをもつ「生命保険」は、長い歴史の中で人々がより安心して暮らせるように進化し、人々の暮らしが変わっていく中で、万一の場合のリスクに備えるだけでなく、病気やけがでの入院のリスクに備えたり、老後のリスクに備えたりできる生命保険が考え出されました。保険は、このようにとりもなおさず「助け合いの精神から生まれたわけです
れでは、私たちの生活の中でなぜ保険が必要なのでしょうか

私たちの生活の中の3つのリスク

 たちの身のまわりには、大きく分類すると3つのリスクがあるといわれています。

「万一へのリスク」「けが病気へのリスク」「老後へのリスク」です。
 自分だけは そんなこと起こりっこない、大丈夫だと思っていませんか?
しかし、意外と私たちはリスクと隣りあわせなんです。

 統計によると、65才までに死亡する確率 5% けが、病気で働けなくなる確率29%  重大疾病(がん、心臓発作、脳卒中等)になる確率24%、これらのどれかになる確率  45% 

なんと、半分近くの人が上のどれかになるリスクがありますそれへの備えは十分できているでしょうか?

万一へのリスク

 家族の働き手に何かあった場合、住宅ローンや家賃を払い続けられる?

子どもが卒業するまでの学費はどうする?

約$50,000これは、最低でも子供1人の教育にかかる費用です。

けがや病気へのリスク

 けがや病気で入院するとその費用だけではなく、収入も減ってしまいます。

老後へのリスク

 平均寿命が伸びるにしたがって、退職後の自由な時間も長くなり、退職金や貯金を取崩しながら、生活しなければなりません。さらに、ゆとりある老後を送るには、若い時から将来の老後への積立プランが必要となってきます。

 近年では、生活水準の上昇に伴う支出の増加や、各種ローンの増大により家計における負債も増加しています。そんな中、もし急に一家の働き手が死亡したり、けが病気で入院したらどうなるでしょうか。たちまち生活するお金にも困るかもしれません。死亡や災害、けが、病気は、いつ起こるか分かりません。また一方で、長生きした場合でも、いつまで貯金が続くかわかりません。このように、私たちは一生を通じて、常に何かしらのリスクにさらされていす。

 これらのリスクに対して、いざというときに経済的に困らないように、安心して生活していくために、前もって準備するために保険が必要です。

 つまり、生命保険に加入することは、この「助け合いの精神」の仕組みに仲間入りし、安心して生活していくために、経済的なリスクに前もって保険備えておくということなのです。

お問い合わせ

YVR空港利用者の入国審査に新システムが導入されます!

今週から、YVR空港を利用してカナダに入国する際の税関申告に、新たな方法が導入されます!デジタル化による、新たな申請方法導入は国境でのセキュリティ強化が一番の狙いですが、入国管理の簡素化や、カナダで最も混雑すると言われているYVR空港での待ち時間短縮も期待されています。

実際の手順はこのようになるそうです。

アメリカを含むカナダ国外から入国する際の審査は、Primary Inspection Kioskという機械を使って、渡航に必要な文書のスキャンや顔写真の撮影を画面上で行うことで、入国審査を完結させることが可能です。

 

また、よりすべての工程をスムースに進めたい人には【CanBorder】というスマートフォンアプリ(App Store, BlackBerry World, Google Playでダウンロード可能)で必要な内容の入力を事前に済ませ、先ほどのPrimary Inspection Kioskで一緒にスキャンするだけで関税申告が終わります。

 

今までは、カナダのパスポート保持者やPRカード保持者、またはアメリカ合衆国パスポート保持者であれば、Automated Border Clearance self-serve kioskを使って、税関審査を早く済ませることが可能でした。

 

一方で、今回の新システム導入により、ステータスに限らず、YVR空港を利用して入国するすべての渡航者がデジタル化された税関審査を利用できるようになることが、何よりも画期的です。

 

*いままでのAutomated Border Clearance Self-serve Kioskを使った申告も、当面は利用可能のようです。

長いフライト時間を終え、ようやくカナダにたどり着いたと喜んだのもつかの間、YVR空港での長い列で何十分も待つ羽目に…というのは誰もが経験したことがあることだと思います。導入されて間もなくは、人々が新しい方法に慣れるまでに少し時間がかかるかも知れませんが、そのうち本当にサクッと入国審査を済ませられるようになれば、到着日の予定も立てやすくなりますよね。

 

 

参考ページ

重大疾病保険

今、話題の重大疾病保険について!!

Q: 私の友達が乳がんになり、ご主人も介護で共に1年ぐらい働いてなく収入がないので、最近は、生活も苦しくなってきたとのことです。ガン保険はかけてなかったとのことで、こういう時、保険があったら助かると思います。もっと詳しく教えてください。

A: 現代病といわれる心筋梗塞、ガンなどになった人が私達のまわりにも必ず、数人いるのではないでしょうか。ましてや、日本と比べカナダの医療に不安を感じている方も多いのではないでしょうか最近、特にガンにかかる確率が非常に増えていますが、医学の発達で生存する確率もまた高まっています。ところが、将来、ガン等になって働けなくなり収入がなくなった場合、「毎月のモーゲッジの支払いは?」「ローンやクレジットカードの支払いは?」「毎月の生活費は?」と不安がいっぱい!そんな時、重大疾病保険に入っていれば一括で保険金が支払われもちろん非課税で!)また、そのお金を病気の治療だけでなく何に使ってもいいです。重大疾病保険には掛け捨て型、保険料払い戻し型等、色々なタイプがあ、見積もりはお気軽におたずねください。下記の重大疾病がカバーされます。

Closeup portrait doctor hand listening to heart beat in heart shape with stethoscope isolated on grey background. Preventive medicine concept

**********************************************************************************************************

ガン、心筋梗塞、脳卒中、大動脈手術、心臓バイパス手術、再生不良性貧血、細菌性髄膜炎、多発性硬化症、腎不全、昏睡、主要臓器移植、麻痺、重度熱傷、失聴、失明、失語、パーキンソン病、アルツハイマー病、良性脳腫瘍、ルーゲーリック病、手足損失、職業性HIV感染**********************************************************************************************************

また、重大疾病保険には以下の特徴があります。

1) 介護保険も重大疾病保険に含まれる。

介護が必要とみなされる状態になった時、(日常生活の動作の2つ以上ができない状態)

重大疾病保険金額の1%が毎月支払われる。介護施設入居の場合、毎月2%支払い。介護保険受領中、保険料は免除

2) 初期の前立腺がん等に対して重大疾病保険金額の25%が支払われる。

また、後重大疾病になった時、更に重大疾病保険金の全額が支払われる。

3)重大疾病と診断されたら、とりあえず、すぐに重大疾病保険金額の10%がまず前金として支払われその後、診断から30日後に重大疾病保険金額の残金が支払われる。

保険金の支払いだけではなく以下のサービスも無料で受けられます

Best Doctors

世界的な最新の医学情報とData Baseサービスのプロバイダー。世界的権威のドクターがあなたの医療ファイルを見て、正しい診断と治療方法をアドバイス。また、世界のどこの病院で一番最適な治療が受けられるかもアドバイスします。

以下、重大疾病の実例です。

トムさんの場合

バンクーバーに住む55歳のトムさんは何年か前から心臓の痛みや息切れの症状があり、最近ひどくなってきたのでファミリードクターへ行きその後4ヶ月してからようやく心臓スペシャリストに診てもらうことができ手術が必要だといわれましたが、ウエイティングリストが多いので手術は1年先になるとのこと。トムさんは自分の弱い心臓が1年ももたないと思い、シアトルの病院で3週間後に手術を受け、今は元気になり仕事にも復帰しています。ただ、アメリカでの手術費用だけで10万ドルかかり、飛行機代、家族の滞在費、収入ロス等全部で20万ドル以上かかりました。トムさんは今まで必死で貯めた年金を取り崩さなければならず、退職後の生活が心配で夜もよく眠れません。*もし、彼が保険に入っていれば、一括(非課税)で保険金がおりていたので、貯金や年金に手をつける必要はなかったです。

スーさんの場合

ジョンさんはセールスマンで奥さんのスーさんはヘアスタイリスト。2人には5歳の男の子がいます。ある日、スーさんは乳がんと診断さ仕事を止め手術を受け、その後、キモセラピーX線療法を受け出しました。ジョンさんはほぼ毎日病院にスーさんを連れていき、この6か月仕事もできず収入もないです。このままではレイオフされるのではと不安の毎日です。また、スーさんの薬代も毎月$2,000を超え、貯金を取り崩しており、もうその貯金もほとんど底をついています。もし、スーさんがこの保険に入っていれば、一括(非課税)で保険金がおりていたので、ホームヘルパーを雇うこともでき、ョンさんは仕事を休むこともなく、スーさんもお金の心配もなく治療に専念できていたことでしょう。

ビルさんの場合

トロントに住む42歳のビルさんは小さな会社を経営。最近、胃ガンと診断され2年前からかけていた重大疾病保険の保険金25万ドルが入りました。ビルさんが仕事を休んだ6ヶ月間、会社の収入は激減しましたが、その保険金をオフィスのレントや従業員の給与にあて、しかもビジネスローンまでも返済することができました。ビルさんは今ではすっかり元気になり、もし、25万ドルがなければ、自分の会社がつぶれていたかもしれないと身震いしました。保険金は治療だけでなく何に使ってもいいです。

アランさんの場合

アランさんは35歳の学校の先生です。同僚の教師が心臓発作になった時、仕事もやめ、経済的苦境に陥ったのをみて、自分で5年前に20万ドルの重大疾病保険に加入。2年前、アランさんは交通事故で下半身麻痺となり、車椅子の生活を余儀なくされました。アランさんは20万ドルの保険金をモーゲッジの全額返済と、自宅の車椅子用への改築費用にあて、おかげで家のローンの心配もなく、今までどおり活動的に暮らしています。

また、いうまでもなく生命保険、海外旅行保険等も非常に重要で、万一の時、安心です。

マイクさんの場合

まだ小さい子供さんが2人いるご主人のマイクさんが急にガンで亡くなられました。生命保険を全くかけておられなかったため、今まで住んでいた家ローンが払えなくなり売らざるを得ず、小さいアパートに移り、奥さんが働きに出るようになりました。でも、子供さんの保育所の費用も高く、奥さんの収入だけでは十分でなく、将来、子供を大学にもやれないのではないかと、不安な毎日を送っています。

ポールさんの場合

ポールさんは長距離トラックのドライバー。ある日、アメリカで交通事故にあい重症を負いました。その後、2年間、働けませんでしたが、障害所得保障の保険に入っていたおかげで、毎月、お金が入り家族はそのまま事故前と同じような生活レベルを保つことができました。

ケンさんの場合

スノーボード好きの若者がウィスラーで複雑骨折し緊急手術を要しました。彼は、日本から、海外旅行保険に入っていましたが、事故時、ちょうど切れていました。そのため、手術費用の万ドルを自己負担せざるを得ませんでした。

 

お手持ちの保険、投資をほったらかしにしていませんか?保険、投資商品もどんどん新しくなっています。

古いものを見直し、今のニーズに合った最適のプランをお作りします。

生命保険、海外旅行保険、介護保険、保険見直し等、何でもお気軽におたずねください。

カナダドルが70円台

Unknown

現在、カナダドルは1ドル=70円台となってます。これは「2002年」のころ依頼で、約10年以上も前。これからカナダに『投資』『留学』『不動産』購入をお考えの方々にはとてもいいタイミングです。

BC州政府最低賃金の引き上げ

image

BC州政府は、2016年9月15日からBC州における最低賃金を
1時間$10.85ドルに引き上げることを発表した。
 
クリスティー・クラークBC州首相は、BC州の経済は堅調な伸びを示しておりそれを支える労働者の賃金が現在、ほかの州と比較して最低でありこれを引き上げることが必要であるとコメントした。
 
カナダの中ではオンタリオ州が最も高い最低賃金となっており
BC州の今回の引き上げに関しても最低賃金の開きがまだ大きいことからBC州政府は、2017年9月15日には最低賃金を$11.25ドルに引き上げることを約束している。