投稿

カナダ市場・カナダドル

カナダ経済は、2016年7月に開始した子供手当支給による消費の呼び起こしやインフラプロジェクトによる設備投資の押し上げ効果、原油価格上昇による関連産業の回復などから、引き続き緩やかながらも回復の方向に向かう見込みです。


トランプ大統領はTPP(環太平洋パートナーシップ協定)からの離脱、NAFTA(北米自由貿易協定)再交渉など保護主義色の濃い政策を掲げていまが、同氏が掲げる米国経済の成長重視の政策は、隣国カナダの経済にとってもプラスの影響をもたらすとの見方もあります。カナダ経済の回復が見込まれることやOPECの減産合意により原油価格が高値圏で推移していることなどから、カナダドルは底堅く推移すると予想されます。