投稿

お金についてQ&A 14

レベレッジ投資   その2

銀行でローンを組み、それを運用してもうけよう

レベレッジ投資の方法には、前回お話しした以外にもLine of Creditを利用して投資する方法もあります。

今、不動産を担保Line of Credit利子はPrime(2.7%) + 0.5% =3.2%す。担保なしのInvestment Loanの利子は3.7% で、どちらも非常に低金利で貸してくれます。投資運用利回りが6%-15%ですので、銀行からお金を借りて投資したほうが得です。$10,000 を借りると毎月の利子は $30ぐらいです。 また、この利子は全部税金控除できます。投資の運用利回りが8% 1 年目10,800  5 年目14,693  10年目 21,589 に成長します。

カナダ政府が投資を奨励するため、借りたお金を投資に回すと、その利子が税金控除できるという税法があるので、投資も増え節税にもなり一石二鳥です。

よく、借金もかいしょのうちといわれます。お金持ちほど、史上最低の貸し出し金利を利用して、ローンを組み、投資信託、株、不動産で運用してもうけています。資産が多いほど、銀行から好条件で、大きい金額を借りれます。お金をタンスや金庫にしまってても増えません。お金は運用して増やすものです。今のような、史上最低金利の時こそ、持っている資産を担保に最大限のLine of Creditを組み、運用する絶好のチャンスです。

もっている不動産、株式、投資信託を売る必要はないです。売ることなく、それを担保に銀行からローンを借りて運用して資産を増やすのです。

例えば、持ち家があれば、家というお宝を寝かせててはもったいないです。何もしないのは宝のもちぐされです。その家を利用して、お金を作ることができます。その家を担保に銀行は最大80%まで貸してくれます

家の価値が$1.25 millionとして、その80%$million Line of Creditを組んだとします。今、利子が 3.2%ですので、 返済利息は $32,000で、しかもすべて税金控除できます。

1) 投資信託に投資し、1年で 8%  運用利回り  80,000 32,000 = 48,000 利益

2) 不動産に投資し、賃貸収入 1年 8.4%  月7,000 x 12 = 84,000 – 32,000 = 52,000 利益

この利益がローンを組むだけで実現できます。更に、投資信託、不動産の資産価値も普通は右肩上がりに上昇していきます。

お金持ちほど、借りれる額が増えるので、利益も大きく、お金がお金を生み、ますます、お金持ちになります。また、お金持ちほど、上手に銀行から借金して運用する錬金術にたけています。

 

今みたいな超低金利にこそ、ローンを組みお金を増やす戦略をたてたほうがいいです。Line of Creditは組んでいると、いざという時、すぐお金が使えるので非常に便利です。また、使った金額にしか利子がかかりませんし、返したい時にいつでも返せ、枠ができたら、また使えます。最大、家の評価額の80%まで、働いてなくても、50%は組めます。それを次の家の頭金に使い、その家賃収入でモーゲッジを払います。そして、その家の資産価値も上がります。それで、また、次の家を買うというふうに、次々、不動産を増やしていくのもいいです。そうやって、不動産を何軒ももっている方も多いです。個人だけでなく、会社を経営している方もLine of Creditを組んでいると、Cash Flowの足りない時とか、資金繰りに役立ちます。

Warren Buffetも投資と不動産は長期的には右肩上がりに上昇するので、銀行のお金をうまく利用して資産を増やしていくのがいいといっています。実際、彼は銀行から資金を借り、株式投資で、世界第2の資産家になりました。

すでに、多くの方がモーゲッジやStudent Loanを借りていらっしゃいますよね。モーゲージや住宅ローンは平気でかりるのに、投資へのローンは少し抵抗のある人もいますが、同じレバレッジ投資の原理です。バンクーバーの家を買うのに$1millionってから買う人はいませんよね。$1millionってから買うと思っていると、一生かかっても貯められないかもしれないので、家を一生持てないかもしれません。

特にバンクーバーのように、家の値段が上がる所では、頭金がまれば、銀行でローンをんで早く買ったほうが得です

また、Student Loanもそうです。$50,000, $100,000お金がたまってから、大学にいくのでは年をとって遅くなってしまいます。若いうちにStudent Loanで勉強して、後で仕事をしだしてから、返せばいいわけです。

Credit Card の借金は早く返済したほうがいいです

さっき、銀行から借金して運用したほうがいいといいましたが、Credit Cardは別です。

Credit Cardの利子は20%かそれ以上のもあるので、使うのは良いですが、毎月、全額返したほうがいいです。時々、何枚もCredit Cardを持ち、その借金がいっぱいあるのに、投資している人がいますが、投資で10%の利益をしてもCredit Cardの借金を20%でしているのでは全く意味がないです。

 このように、お金はちょっと工夫して、銀行のお金をうまく利用すれば、上手に増やすことができます。

お問い合わせ

“お金について Q &A 2”

Q: 私は48の夫と15才と12才の2人の子供がいる主婦です。コンドミニアムを持っていますが、モーゲッジを払うのがやっとで貯金あまりありません。夫の保険は掛け捨てだけで、8年前、家を買った時、10ごとに高くなるタイプの$300,000の掛け捨て保険に入りました。保険料は毎月$30 11年目から保険料が毎月$150になります。生命保険は絶対に必要ですが、保険料がかなり高くなるので、どうしたらよいのか迷っています。

A: 生命保険は稼ぎ手のご主人が万一、お亡くなりになっても、家族がらないようにと、250年前イギリス始まりました。最初は、みんなで、お金を出し合い、ご主人が亡くなった家に払っていました。それで、以前は相互会社、(Mutual company)といわれていました。今、一番、亡くなる確率が高いのが、がん千人中、3人ぐらいはがんで亡くなっています。ですから、生命保険とともに、がん保険(重大疾病保険)も必ず入っていたほうが良いです。

この方の場合、今かでも遅くないので、掛け捨てT10 $300,000$100,000終身保険にConvert(転換すると、健康診断なしでConvertできます。)残り、$200,000を掛け捨てT20に変えたほうが良いです。終身保険、$100,000だけでは保障が足りないので、後20年間、終身保険の上に掛け捨て保険T20 $200,000をのせて保障を大きくします。20年後は、子供さんたちも大きくなり、家のモーゲッジの残高も減っているので、終身保障$100,000でも大丈夫でしょう。48才男性、NS(ノンスモーカー)Universal Life$100,000T20 $200,000 保険料、毎月$162です。

掛け捨て保険は読んで字のごとく、お金を捨てるようなものです。掛け捨て保険は家のモーゲッジがある時とか、子供が成長するまでの期間限定で入るのは良いですが、最長80才までしか保障がなく、寿命が長くなっているので、80才までに亡くなる方は少なく、ほとんどの方は保険金をもらうことができないで、保険料だけ払い、保険会社をもうからせる保険です。40才の男性、NS, T10、保障$300,000 40年間掛け捨て保険の総支払額はなんと$169,380になります。80才までに亡くなれば、保険金$300,000がもらえますが、その確率はますます低くなっており、保険料はってきませんし、積立金もまりません。

*掛け捨て保険は終身保険に健康診断なしで、簡単にConvert(転換)できます。

 終身保険に入っていれば、人間いつかは死ぬので、長生きしてもいずれは保険金がもらえます。

保険料は若いほど安く、毎年、高くなるので、終身保険にできるだけ早く入り、20年ぐらいで払い込み終了し、一生涯保障がある終身保険に入ったほうが断然、お得です。

終身保険は大きくわけて、Whole LifeUniversal Life があります。

 Whole Lifeは保険の中で、一番保険料が高いですが、終身保険と年金の両方できる、有益な保険です。積立金はマーケットで運用されず、保険会社の利益の配当金で、毎年、確実に6%-8%の利回りがあり、しかも非課税です。その上、保険料払い込み終了後も積立金がぐんぐん増え、将来の年金として利用できます。40才の時、$100,000 Whole Life 15年払い込み終了保険料は 毎月$265 で、15年間総支払額は$47,700すが、20年後には積立額がこの総支払額を超えて、どんどん増えていき、しかも、終身保障もあり、将来の年金なります。

 Universal Lifeの保険料はWhole Lifeより、安いので、これに入っている方が多いですが、積立金は非課税で、株式や債券のマーケットで運用されます。加入時、20年で払い込み終了と思っていたのに、運用利回りが予定利率より下がり、20年で払い込み終了ができず、延長して払わなければいけないケースが続出しています。Whole Life20年、15年で払い込み終了と設定した場合、保険料支払いの延長はいっさいないです。

従って、生命保険は必須の金融商品、これによって私たちは安心して生活できます。

1.残された家族の生活保障。

2.亡くなられた方に財産がある場合、(借金がある場合でも)不動産や、投資資産を売却して、税金の支払いにあてなければいけませんが、生命保険金で税金を払い、不動産、投資を処分しなくてもいいです。

3.会社としてれば、キーパーソンの死亡による損失を補てんできます。

注:上の保険料は保険会社各社で多少の違いがあります。

**重要なお知らせ**

カナダ政府の税改正により、カナダの保険法が改訂されるため、2017 年1 月1日

から、保険料が高くなります。

生命保険に入ってない方は今年中に入ったほうが割安となります。

また、掛け捨て保険は今年中に終身保険に転換した方がお得です。

生命保険のお見直し、ご質問等はお気軽に、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ