投稿

“お金について Q &A 4”

Q: 前回の記事で英国のEU離脱決定後、金(Gold)相場が上昇し始めたということが書かれていました。それで、ぜひ金に投資したいのですが、どうしたらよいでしょうか?

: 英国のEU離脱問題で世界経済の不透明感が高まり、安全資産として、金(Gold)が上昇しています。金もそうですが、それ以上に騰勢をめているのが、銀相場です。現在、1トロイオンス(31g)の金価格はUS$1,350、銀は  US$20。金は年初来、20%じりじり上昇、銀は年初来40%と急上昇し、2年ぶりの高値を付けています。銀は歴史的な割安感が強く、どこかの国が買い占めているとのことで、まだまだ上昇が続くと見られます。

世界の金の保有量は16万トンと言われ量にするとオリンピックプール3杯分程度となり金の埋蔵量はまだ、7.5トンほどある推定され、現在のペースで掘れば、25年で掘りつくされる計算です

米ドルの世界覇権対抗馬として欧州勢が団結、ドルに替わるべくユーロは、1999年華々しデビューしました産油国も一時は決済をユーロで要求するほど強勢を誇りましたが、17年経った今、ユーロは存亡の危機に瀕しています。ずっと戦争を繰り返してき仲良く、同じ通貨を使うことで領域内経済力も活性化さたのですが、経済格差のある国まで次々入りだし、身分不相応の共通通貨を持つにいたりほころびが出始めました。また、英国はユーロ通貨圏には入りませんでしたが、東ヨーロッパからの移民が押し寄せるにいたり、国民は離脱を決意しました。結局、EU,ユーロはユートピアだったのでしょう

欧州債務危機、英国EU離脱でユーロは売られるばかり。円は今は買われていますが、長期的には災害と高齢化、国家財政破綻で暴落するかもしれません。スイスフランは高くなりすぎ、ユーロにペッグし、世界には安心して買える通貨がなくなりました。余りにも巨額なお札が乱発されたため、紙幣の価値が下がり、リスクヘッジとして金が買われています

投資資金が米ドル、米国債に向かい、金、銀の現物資産にシフトし、金は唯一の将来のインフレヘッジとみなされ今後も上昇が予想されます

金本位制がくずれて45年、経済が行きづまればお金を印刷し、お札が垂れ流された結果、より高いリターンを求めて世界中をかけめぐり、あちこちでブーム/バストを引き起こす。行き場のないお金が金、銀に向かうという構図です

米国は唯一の世界の基軸通貨としてドルの増刷を続け、ドルにかわる通貨がないので、ドルの地位は揺るぎなく、ユーロにはそれを支える強大な国家権力がないのが弱点です。金5千年の歴史、米にはドル200年の歴史と世界一の軍事力があり、その上、旧共産圏、中東もドル体制に組み込まれました。米は財政、貿易の赤字を垂れ流し、その結果としてドルが世界に流出し、新興国、特に中国の経済成長を助けました

欧州の不透明感が続く限り、ドルやユーロが売られ、破綻懸念とは無縁な金、銀に資金が流れ込む動きが続くと見られます

新興国が外貨準備として年間500トン前後の金を購入しており、これが金価格の長期上昇トレンドを支える要因で、インド、中国の2カ国で年間金生産量2800トンの6割買い占めます金は短期的には乱高下を繰り返しながら長期的には右肩上がりのトレンドが続くでしょう高値になると欧米の投資家が売りを出し、アジアの実需が押し目で買いを入れるというパターンです

数年後には日本の債務危機が世界の金価格を左右する時代が来るかもしれません円の暴落には保有は有効なリスクヘッジだと考えられます

世界中どこでも売れ、ドルなどの通貨に替えられ、「世界に通用するおカネ」として普遍的な価値を持っており株式、債券は“紙くず同然”になる得るリスクがありますが、金の価値がゼロになることはないです。逆に永遠の輝きが増す安全資産というのが最大の魅力

金投資のポイントは短期的には金のETF購入、長期的には金現物保有か金、資源物の投資信託での資産運用がお勧めですカナダ政府発行のメーブルリーフ金貨純度99.99%で世界一の流通量があ、信用があるので、それを集めるのもいいです。また、金が高くて手がでないという人には、銀貨、銀現物、銀ETF、銀鉱山株を買うのも投資妙味があります

世界的に有名な投資家のソロスは、最近、金の現物と金鉱山株に絞って資金を移しているといわれています。

 お問い合わせ

カナダでレベレッジ投資

0cc673a8

今日の低金利局面では、債券、マネーマーケット、GIC等で投資していたのでは、リターンがインフレ率をも上回らないという場合がほとんどで、老後に必要な十分な資金を確保できないという“リスク”が発生します。また、その上、それらの利子には所得税と同じ税率が適用されるので、他の配当金、売買益に比べ、税金も多く払うことになります。従って、十分な資金を確保するためには投資のオプションの幅を広げ、株式の比率を高めたり、幅広く分散されたポートフォリオを組み、多少の“リスク”はとっても成長性のあるものに投資することが将来、必要なキャッシュフロー確保に非常に重要になってきています。

ベビーブーマーがそろそろ退職する年齢にさしかかり、老後資金の確保はより深刻な問題になってきています。寿命が伸び、退職後の期間も長期化(20年~35年)してきているのに対し、先進国では老齢化、少子化が進み、公的年金だけでは十分ではなく、私たちは長期間の老後資金を自分たちの責任で確保しなければなりません。

退職後は退職前5年間の平均収入の70%は必要だといわれています。しかし、毎日の生活費、モーゲッジ、色々な支払いに追われ、退職後の十分な資金確保も容易ではありません。ところが、それを奨励するため、金融機関はいくつかの税制優遇年金プランを開発しており、今回はそのうち、今、話題になっているレベレッジ投資(借りた資金で投資)についてご説明いたします。

レベレッジ投資とは?

簡単にいえば、“借りた資金で投資”する、即ち、他の人のお金で自分の投資目標を達成することです。ご存知かどうかわかりませんが、大抵の方はもう既にこの手法を使っています。例えば、モーゲッジ、スチューデントローン、RRSPローンをやられている方は、家を所有する、高い教育を受ける、快適な老後資金を確保するために、他の人のお金を借りてゴールを達成しようとしています。これと同様にレベレッジ投資も他の人のお金を借りてきて、より大きな富の蓄積を目指しています。モーゲッジを借りることによって、家を所有したいという目標がかなえられるのはレベレッジ投資の一番わかりやすい例です。

従来の投資は、まず、お金を稼いで、その一部を貯金して、それを投資に回していました。これでは時間もかかりますし、期待したほど、貯まらないということをご存知でしょうか?

レベレッジ投資の手法を使えば、お金を早く増やすことができます。小額の積み立てを長期間するよりは、まとまった金額を借りてそれを一遍に投資することにより、資産をより大きく増やすことができます。その場合、毎月の積み立ての代わりに、ローンの利子を払うことになります。

レベレッジ投資はどのように機能するか?

従来の投資は、毎月の収入の一部をはねのけて、それを投資にまわし、それが長い年月の間に成長するというものでした。

しかし、レベレッジ投資はローンをして、まとまった大きな金額を一遍に投資に回します。毎月の収入の一部にあたるものはローンの利子への支払いに当てられます。その毎月の出ていく金額は同じでも、レベレッジ投資の手法で投資したほうが、はるかに大きなリターンを産みだす可能性があります。それは以下の2つの威力あるパワーによって可能となります。

複利で運用

複利運用の効果はレベレッジで大きな金額を一遍に投資することによって更に威力を発揮する。大きな金額を一遍に長期間運用することによって複利運用効果が生かされ、より大きなリターンを産み出す。レベレッジ投資によって大きな資金を第一日目よりその金額全部が運用され、それが毎年、複利で運用されることにより、長期間でより高い運用成果が期待できる。

税金が控除

投資目的のローンの利子は100%、税金控除されることにより、投資コストを下げることができる。

アンとビルの例

アンはある金融機関のBorrow to investのプログラムで$100,000借りて、それを投資しました。毎月のローンの支払いが、約$500(税控除後$340)で、10 年後、$245,932 になりました。(ローンの$100,000を差し引くと$145,932)

*税控除額分も再投資する。10年後、ローンは返済しても、しなくてもいいです。

一方、ビルはこつこつと毎月$500 貯めていきました。10年後  $91,721になりました。  (両方とも10年間で 8%のリターンで計算)

アン(10年後) ビル(10年後)
$145,932 $91,721

従って、ビルの場合、税控除(Tax savings)の恩恵をも得られず、小額を貯めていくので、複利効果も少ないですが、アンの場合は第一日目から大きな金額を投資することによる、複利運用効果と税控除の威力が発揮され、同じコストでより大きく増やすことができるわけです。レベレッジ投資の手法は従来の伝統的な投資手法より、すぐれた投資効果を産むと言えるでしょう。

ファイナンシャルゴール達成に向けて、投資プランに必要な資金をすぐに見つけるのは容易なことではありませんが、必要な資金全額を貸してくれる金融機関も増えています。

お問い合わせはお気軽に下さい。