お金についてQ&A 17

普通の生命保険と銀行のモーゲッジ保険

Q: 最近、銀行かモーゲッジを借りてCondoいました。 その時、モーゲッジ保険にることを勧められ、わからないままに、もしかして、モーゲッジを貸してくれないかもと心配になり入りました。その後、友達から、普通の生命保険のほうが良いと聞きました。どういうふうに違うのでしょうか

A: 家やコンドを買う時、銀行から勧められたまま、モーゲッジ保険に入る場合が多いですが、それに入らないとモーゲッジが借りられないということはないです。銀行はモーゲッジの貸し手なので、銀行Protectするために、モーゲッジ保険に入るのを勧めますが、強制ではなく、それに入る必要も全くないです。入らないからといって、モーゲッジをキャンセルされることもないです。各種の生命保険を比較検討し、自分の状況に一番合った生命保険入るのがいいです。モーゲッジ保険のように、配偶者の死亡時、ただモーゲッジが支払われるだけでは、家族への保障がありません。万一の場合、家族が同じ生活レベルを保つには、いったいいくら必要なのか、必要額を計算しそれに最適な生命保険、病気保険に入ることが不可欠です。

よくいわれるように、生命保険、病気保険は、健康で元気な時(それを必要としない)時に入るものです。それらが、必要になった時(糖尿病、高血圧等で健康が損なわれたら)、割増保険料をとられたり、もう保険に入れなくなったりします。保険は必要でないに、将来への安心のために入るものです。火災保険も火事になった後で、入っても遅いですよね。

銀行を守らないで家族を守ろう

普通の生命保険 Individual Life Insurance

家族を守る保険

モーゲッジ保険 (Creditor Insurance)

銀行を守る保険

個人が保険の所有者でコントロールできる

保険の種類(掛け捨て、終身保険等)、保険期間も自分で選べる

モーゲッジをしている銀行が保険の所有者でコントロールするCredit Cardにかける保険と同

保険期間はモーゲッジの期間だけ

個人が家族の生活保障のために入る

銀行が貸付けたローンを守るための銀行所有のGroup 保険

保険加入時に健康診断があるので、non smoker健康優良のには割り引きがあるので、保険料が安くなる、モーゲッジ保険より、一般的に30-50%安い合計$10,000近く安くなる)

保険に入るための健康診断がなく、smoker

健康状態の悪い人もだれでも入れるので、保険料が高く設定されている 

契約時、受取人を自分で決められる

死亡時、受取人に保険金が支払われ、保険金をどのように使うか自由に決められる

(モーゲッジの支払い、家族の生活保障、子供の教育等、必要に応じて決められる)何に使ってもいい

受取人はモーゲッジを貸している金融機関だけ、

モーゲッジの残高だけ支払われる(家族の生活保障必要な資金はでない)モーゲッジ支払い終了後は保険はなし

保険料は一定で、保険所有者しかキャンセルできない

貸し手の銀行がかってに保険料を上げたり、キャンセルすることもできる

最初にかけた保険金額がおりる

モーゲッジの残高は減っていくが、保険料は一定(残高が$5,000なら、保険料は一定で、死亡時$5,000しかでない)

夫婦、各々かけれるので、片方の死亡時、保険金がおり、また残った方の死亡時、保険おりる

モーゲッジをカバーする保険なので、夫婦の片方が亡くなった場合はモーゲッジの支払いはなくなるがモーゲッジ保険も終了

事故死亡特約、傷害保険料支払い猶予、子供保障等の各種特約を付けることができる

特約を付けることはできない

家を移っても保険に影響なし

家を売ったり移ったら、保険は終了

掛け捨て保険を終身保険に変更可能

掛け捨てだけ

従って、普通の生命保険に入ったほうが断然、お得ではるかに良いということになります。

Case 1

夫ジョン41才、妻ケイト41才、共働き、二人の子供、$300,000のモーゲッジ

夫のジョンが急に建設現場で亡くなった。銀行からのモーゲッジ保険だけしかかけてなかったので、モーゲッジは全部払われたが、残された家族への何の保障もない夫の収入がなくなり、二人の子供を抱えて、ケイトだけの収入では足りない。子供が大きくなるにつれ、ますます家計は苦しくなるいっぽう。普通の生命保険をかけていれば、保険金でモーゲッジの一部を支払ったり、保険金を投資に回しそれから少しずつ生活資金を取り出す等、自分で保険金をどのように使うか決めることができる

Case 2

ビルとマリーは各々個人で$250,000ずつの生命保険をかけてい

通事故でマリーが死亡し、ビルは大けがをし車いすの生活となった

マリーの死亡保険金$250,000で、ビルは家のモーゲッジ全部$150,000を返金働けなくなったビルは、手元に残った資金$100,000介護、生活費にあてているそれがなくなったら、家を売って介護費用や生活費にするつもり。ビルの死亡時には$250,000が子供たちにいくので安心。もし、モーゲッジ保険だけに入っていたら、モーゲッジの残高$150,000が銀行に払われるだけで、働くことができなくなったビルには何の保険金もなく、介護費用もなく、どうなっていたことでしょう。また、ビルは、障害者となったのでもう生命保険に入ることはできないので、ビルの死亡時、子供たちに何も残すこともできないが、普通の生命保険をかけているので、ビルの死亡時、子供たちに$250,000がおりる

無料保険の見直しいたします。必要な保険額を査定し、最適な保険の見積もりをお作りします。何でもお気軽にお尋ねください。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です