お金についてQ&A 17

普通の生命保険と銀行のモーゲッジ保険

Q: 最近、銀行かモーゲッジを借りてCondoいました。 その時、モーゲッジ保険にることを勧められ、わからないままに、もしかして、モーゲッジを貸してくれないかもと心配になり入りました。その後、友達から、普通の生命保険のほうが良いと聞きました。どういうふうに違うのでしょうか

A: 家やコンドを買う時、銀行から勧められたまま、モーゲッジ保険に入る場合が多いですが、それに入らないとモーゲッジが借りられないということはないです。銀行はモーゲッジの貸し手なので、銀行Protectするために、モーゲッジ保険に入るのを勧めますが、強制ではなく、それに入る必要も全くないです。入らないからといって、モーゲッジをキャンセルされることもないです。各種の生命保険を比較検討し、自分の状況に一番合った生命保険入るのがいいです。モーゲッジ保険のように、配偶者の死亡時、ただモーゲッジが支払われるだけでは、家族への保障がありません。万一の場合、家族が同じ生活レベルを保つには、いったいいくら必要なのか、必要額を計算しそれに最適な生命保険、病気保険に入ることが不可欠です。

よくいわれるように、生命保険、病気保険は、健康で元気な時(それを必要としない)時に入るものです。それらが、必要になった時(糖尿病、高血圧等で健康が損なわれたら)、割増保険料をとられたり、もう保険に入れなくなったりします。保険は必要でないに、将来への安心のために入るものです。火災保険も火事になった後で、入っても遅いですよね。

銀行を守らないで家族を守ろう

普通の生命保険 Individual Life Insurance

家族を守る保険

モーゲッジ保険 (Creditor Insurance)

銀行を守る保険

個人が保険の所有者でコントロールできる

保険の種類(掛け捨て、終身保険等)、保険期間も自分で選べる

モーゲッジをしている銀行が保険の所有者でコントロールするCredit Cardにかける保険と同

保険期間はモーゲッジの期間だけ

個人が家族の生活保障のために入る

銀行が貸付けたローンを守るための銀行所有のGroup 保険

保険加入時に健康診断があるので、non smoker健康優良のには割り引きがあるので、保険料が安くなる、モーゲッジ保険より、一般的に30-50%安い合計$10,000近く安くなる)

保険に入るための健康診断がなく、smoker

健康状態の悪い人もだれでも入れるので、保険料が高く設定されている 

契約時、受取人を自分で決められる

死亡時、受取人に保険金が支払われ、保険金をどのように使うか自由に決められる

(モーゲッジの支払い、家族の生活保障、子供の教育等、必要に応じて決められる)何に使ってもいい

受取人はモーゲッジを貸している金融機関だけ、

モーゲッジの残高だけ支払われる(家族の生活保障必要な資金はでない)モーゲッジ支払い終了後は保険はなし

保険料は一定で、保険所有者しかキャンセルできない

貸し手の銀行がかってに保険料を上げたり、キャンセルすることもできる

最初にかけた保険金額がおりる

モーゲッジの残高は減っていくが、保険料は一定(残高が$5,000なら、保険料は一定で、死亡時$5,000しかでない)

夫婦、各々かけれるので、片方の死亡時、保険金がおり、また残った方の死亡時、保険おりる

モーゲッジをカバーする保険なので、夫婦の片方が亡くなった場合はモーゲッジの支払いはなくなるがモーゲッジ保険も終了

事故死亡特約、傷害保険料支払い猶予、子供保障等の各種特約を付けることができる

特約を付けることはできない

家を移っても保険に影響なし

家を売ったり移ったら、保険は終了

掛け捨て保険を終身保険に変更可能

掛け捨てだけ

従って、普通の生命保険に入ったほうが断然、お得ではるかに良いということになります。

Case 1

夫ジョン41才、妻ケイト41才、共働き、二人の子供、$300,000のモーゲッジ

夫のジョンが急に建設現場で亡くなった。銀行からのモーゲッジ保険だけしかかけてなかったので、モーゲッジは全部払われたが、残された家族への何の保障もない夫の収入がなくなり、二人の子供を抱えて、ケイトだけの収入では足りない。子供が大きくなるにつれ、ますます家計は苦しくなるいっぽう。普通の生命保険をかけていれば、保険金でモーゲッジの一部を支払ったり、保険金を投資に回しそれから少しずつ生活資金を取り出す等、自分で保険金をどのように使うか決めることができる

Case 2

ビルとマリーは各々個人で$250,000ずつの生命保険をかけてい

通事故でマリーが死亡し、ビルは大けがをし車いすの生活となった

マリーの死亡保険金$250,000で、ビルは家のモーゲッジ全部$150,000を返金働けなくなったビルは、手元に残った資金$100,000介護、生活費にあてているそれがなくなったら、家を売って介護費用や生活費にするつもり。ビルの死亡時には$250,000が子供たちにいくので安心。もし、モーゲッジ保険だけに入っていたら、モーゲッジの残高$150,000が銀行に払われるだけで、働くことができなくなったビルには何の保険金もなく、介護費用もなく、どうなっていたことでしょう。また、ビルは、障害者となったのでもう生命保険に入ることはできないので、ビルの死亡時、子供たちに何も残すこともできないが、普通の生命保険をかけているので、ビルの死亡時、子供たちに$250,000がおりる

無料保険の見直しいたします。必要な保険額を査定し、最適な保険の見積もりをお作りします。何でもお気軽にお尋ねください。

カナダでマリファナ合法化

おそらく日本人とっては、マリファナ(大麻)=“危険な薬物”世界から注目されている「カナダでマリファナ合法化」に関するニュースや「知っておきたいカナダのマリファナ事情」をまとめてみました。

嗜好品目的での大麻使用を国として合法化するのはウルグアイに次いで世界2カ国目だそうです。アメリカでは、29州及びワシントンDCで医療用マリファナが合法化されていて、コロラド、ワシントン、オレゴン、ネバダ、カリフォルニア、アラスカ、マサチューセッツ、メイン、バーモントの9州及びワシントンDCで嗜好用マリファナの所持・使用も合法化されています。

マリファナ合法化をする理由には、以下のような社会的問題を含む背景がありました。

  • 販売が違法であるにも関わらず多くの大麻が流通、愛好家が多いこと
  • 若年層へのマリファナ流通を規制できていないこと
  • 違法マリファナ流通、販売が犯罪組織の収入源になっていること

カナダのジャスティン・トルドー首相は6月19日夜、「子供たちが大麻を手に入れたり、犯罪者が大麻で利益を手にしたりするのが簡単すぎる状態だ。今日、我々はそれを変える。大麻を合法化し規制する我々の法案が上院を通過したところだ。#公約は守った」とツイートしました。

 

医療目的

医療大麻と嗜好大麻は同じ天然のハーブで植物的には違いはないが、使用目的が異なるために栽培や取扱いの方法などが違います。特に大きな違いは、品質の安定性。身体の弱った患者には生命に影響する可能性もあるカビや細菌などの対する衛生管理も徹底されています。

 

医療大麻には数多くの銘柄があり、含有されるカンナビノイドの配合比率が多様であるため、効能や薬理作用が異なり、したがって異なった多くの症状に特化して処方されている。癌治療や拒食症などで食欲不振に陥ってしまう摂食障害を抱える人たちにとって有益な治療になる可能性があることを研究者は指摘している。

在バンクーバー日本領事館より下記の呼びかけもありますので、日本人としてカナダに在住、旅行される皆さんには慎重に考えていきたいテーマかと思います。

【引用】本年6月21日に成立しました「カナダにおける大麻に関する法律」が10月17日より施行されることに伴いまして、邦人の皆様に対し以下の注意点についてお知らせいたします。

1. カナダでは、本年10月17日から、大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。
2. 一方、日本では大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。
3. この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあります。
4. 在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

カナダ政府のウェブサイトにもマリファナの影響・危険性について解説をします。

マリファナ使用による体への悪影響

●短期的な影響として、運転能力、学習能力、記憶力などに支障が出る恐れがあるほか、不安やパニックになったり、現実と非現実が分からなくなり、他人が自分を批判しているという妄想を抱く危険性がある
●長期的な影響として、肺を痛めて呼吸困難になったり、メンタルヘルスに影響が出たり、マリファナ中毒になる可能性もある
●成長期にマリファナを吸ったり、頻繁な使用、継続的な使用はさらに害が増す
●10人に1人の割合で、マリファナ中毒になる可能性がある
●使用量などにもよるが、マリファナ摂取後6時間以上は影響が出るので、運転などを控えるべき