お金についてQ&A 15

日本からの資産フライトが加速している!

Q: 日本の家族から、日本の預貯金や投資の利回りは非常に低く、資産が増えるどころか減ってばかりで困っている。カナダで投資したいのだけれど、どうしたらいいかと聞かれました日本からカナダで投資できるのでしょうか。

 

A: 最近、日本からカナダで銀行口座を開きたいとか、投資したいという声をよく聞きます。日本からカナダへの投資は、カナダ政府から日本はオープンカントリーいうカテゴリーに入るので許可されています。(詳細はお尋ねください。)カナダは来るお金は拒まのスタンスです。しかし、どこの国からでも受け入れているわけではないです。”オープンカントリー”の国からだけ受け入れています。日本では年金はもう政府には頼れない、自分の資産は自分で守るしかない。”との考えが浸透してきて、海外への資金シフトが増えています。日本はゼロ金利、マイナス金利でほったらかしにしてるとお金が増えるどころか、減っていきます。今まで、日本人はほとんどの人が預貯金で運用していましたが、それでは資産が目減りするので、最近、投資信託、国債、不動産、海外投資と分散させてきています。背景には、”将来、日本円が暴落し、資産を日本円だけでもって大損するかもしれない”という不安があり、多く人が、香港、シンガポール、US、カナダ、オフショア(パナマ文書で騒がれました)に資産を移しています。

日本はアベノミクス以来、異次元の量的緩和、国債を日銀が買い上げ、これにより、市中にじゃぶじゃぶお金が出回り、短期的には株は上昇、景気は良くなっていますが、長期的にはハイパーインフレになるリスクがあるともいわれています。また、2%のインフレ目標を抱えていますが、なかなか目標が達成されず、まだまだ、デフレからけだせないでいます。しかし、将来それが達成されるやいなや、インフレが急加速するかもしれないといわれそうなれば、日本国債、円は大暴落する危険性もあります。円安になれば他通貨よりも価値が低くなるので、海外の物を買うのにより多くの日本円が必要になります。日本は輸入大国なので、物価は高くなり、インフレがどんどん進みます。そうなった時、価値のなくなった日本円しかもっていなければ、生活にも困る事態に追い込まれかねません。将来、そうならないかもしれませんが、万が一の時に備えて、今から、資産フライト”という保険をかけていれば、備えあれば患いなしです。海外に資産をもってれば、国内の円資産が減っても、海外の資産は増え、リスクヘッジになります。それで、まだ円高のうちに海外に資産をシフトする人が増えていますまず海外の銀行に口座を開き海外の株式、債券、不動産等に分散投資して、将来、起こり得るかもしれないリスクに備えます。また、東日本大震災のような天災等の環境リスクに対しても資産保全ができます。

1980年初から、レベレッジの時代といわれ、世界中でお金を借りて物を買い出し、個人、企業、国の借金が膨らんでいます。個人は車、家をローンで、電化製品食料、レストラン支払い全部クレジットカードで簡単すませる時代です。会社は社債、国国債を発行して簡単に資金を調達でき、こうして30年間に個人、企業、国が積み上げた借金は膨大な金額に上りました個人、企業の借金を減らすには2つの方法があります。1つちゃんと借金を返済する。2つ目はデフォルト(債務不履行)して借金を踏み倒すただ、国の借金減らしは、そう簡単にはいきません増税し、緊縮財政で支出をカットすれば政治家はすぐに職をなくすのでなかなか手をつけれないでいます。日本は世界一の借金大国になりました日本の公的債務は1,000兆円以上GDP(国内総生産)の200%達し、米国の160%をはるかに超えています米国債の65% は海外投資家が買っています日本国債は95%を日本の金融機関、最近は日銀が買い支えています

しかしながら、ここにきて日本の少子、高齢化が進み、貯蓄を取り崩して生活する人の比率が一気に増え貯蓄率が低下すると、近い将来、国内での国債購入余力の減少を招き、国債を買い支えられなくなるのではと危惧されています。れに加え、大震災、原発事故で巨額の復興コスト、景気後退、輸出の減少という”想定外“の不安要因が浮上つまり、震災ショックから、くすぶり続ける”日本国債暴落説が勢いづき、日本にもデフォルトの可能性がでてきました。欧州問題は他人事ではなくなり、日本の財政破綻のリスクが高まっていますそうなれば、株式、国債、円相場のトリプル安シナリオにもなりかないと危惧をいだいている人も多いです。83人に 1人は億万長者の日本ですが何億の資産をもっていようと、日本円は紙くず同然になり得るリスクをはらんでいます

以前は、超富裕層に限られたことでしたが、個人レベルでも自国通貨への信頼を失った人たちが、リスクヘッジとしてより安全な場所を求めて、円高の今、虎の子の資産を海外に移しています。今まで、日本の個人投資家は、バブル崩壊の後遺症からか、日本のゼロ金利、20年を越す長期の景気後退にもかかわらず、海外投資へは消極的で内向き志向でしたその間、特にカナダの不動産、株式市場は右肩上がり上昇しました。しかし、世界で唯一、下がりっぱなしの市場にしがみついていた日本の個人投資家たちは、世界的上昇の波に乗り遅れた感があります

将来、日本国債、米国債は紙くず同然となり得るリスクが高く、特に、米国債膨大に抱える中国は今、世界の金、石油、ガス, 石炭銅鉱山、天然資源、不動産、鉄道、道路等の実態のある資産シフトさせています今まで、日本の中にこもっていた日本人もようやく、危機意識に目覚め、従来、欧米、中国人がやっていたリスク分散投資としての海外への資産投資、不動産投資、さらには、海外に住むことまでをも視野にいれだしたわけです。

そんな中、カナダにも日本からの資金流入が続いています。カナダは、石油、天然資源の宝庫、また政治的、経済的にも安定した国で安全な投資先とみなされているからです従来通り、中国からもカナダに資金流入が続いており、カナダ経済、特に住宅部門世界中からの資金流入によりこれからも非常に堅調に推するとみられています

お問い合わせ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です