お金についてQ&A 6

遺言検証を避ける最も効果的で簡単な方法は、保険会社の投資信託Seg Fundに預けることです。

遺産相続のごたごたを避けるのに、こんなに簡単で良い方法があるのをご存知ですか?

 

Q: 最近、私は亡くなった友人の遺言の執行人をしました。執行人とは、こんなにたいへんだとはってもいませんでした。判所に何度も行き、色々な請求書の支払い、弁護士とあったりすごく時間をとられました。その時、Seg Fundというのがあり、それにいれていれば、遺言検証なく、裁判所の面倒な手続きをふまなくてもお金がすぐに受け取れると聞きました。それについて詳しく教えてください。

A: まったく、その通りです。Seg Fundにいれてれば、Probate 遺言検証がない”ということは意外にられていないですが、非常に重要です。よく遺書を書いといた方が良いといいますが、Seg Fundにいれていれば、遺言検証がないので遺産が受取人に速やかに払われます。

 銀行でする投資信託はMutual Fund保険会社でする投資信託はSeg Fundです。

両方とも同じようなファンドで運用する投資信託ですが、死亡時非常に大きな違いがあります。死亡時、銀行の預貯金、投資Mutual Fund全部凍結され、裁判所で遺言検証というプロセスを経て、裁判所の決定に基づいて遺産が分配されますが、保険会社のSeg Fund遺言検証に含まれません。

今、裁判所が非常に混んでるので、一番シンプルなProbateケースでも最低18カ月かかり、最近、離婚、再婚が増え、遺産相続は複雑になる一方です。Probateだれかが遺産の配分について不服を申し立てると非常に長引き、ケースによっては4-5年かかる場合もあります。

 Seg Fundで投資すると、申込時に受取人を指定するので、Probateをする必要なく、1-2週間で受取人に速やかにお金が支払われます。

また、裁判所でのProbateは公開資料ですので、だれにいくら遺産が支払われたかわかり、家族争議のもとにもなりますが、Seg Fund非公開、秘密厳守なので、だれにいくら支払われたか、一切わかりません。保険会社は指定された受取人に速やかに支払います。

 Seg Fundなら故人の遺志がそのまま引き継きつがれ、お金を残したい人にそのまま残せます。しかも、受取人は死亡保険金として受け取るので、受取人にはまったく税金がかかりません。

遺言検証には執行人(Executor)にも支払われる額がきまっており、裁判所で遺言検証されると、Probate Fee1.4%), Executor Fee, Legal Fee, Accounting Fee10%ぐらいが諸経費として引かれ、遺産額が減額されますが、Seg Fund遺言検証がいらないので、一切、減額されません。遺書で遺産相続人を変えるのも弁護士の所にいったり手間と費用がかかりますが、Seg FundOwnerがコントロールできるので、いつでも簡単に受取人を変更できます。

もし万一、死亡時に元本を割ってても、死亡保障100%Seg Fundなら、元本が保証され、元本が受取人に支払われるので、不安定なマーケットのリスクを避けられます。

更に、人に借金があっても債権者から守られている(Creditor Protection)ので、借金を差し引かれることなく全額が受取人にいきます。

下例は姉妹が同額の遺産を残した時、受取人がもらう金額の比較でSeg Fundにいれていると、2週間以内に$40,000も多く受け取れます。

Sarah 銀行Mutual Fund

Lynn 保険会社Seg Fund

元本

$200,000

$200,000

現在値(下落時に死亡)

$180,000

$180,000

死亡時追加保証金

なし

$20,000

解約料

 $9,000

なし

遺言検証弁護士、会計士

 $9,000

なし

執行人料

 $2,000

なし

受取額

$160,000(1年半後に支払い)

$200,0002週間以内に支払い

秘密性

公開

非公開

下は実際に起こったケースです。

Case 1

 A子さんの年配で資産家のには、前妻との間に5人の息子がいる。そのうち一人の息子は全く親のいうことをきかず、オーストラリアに住み勘当同然夫はその息子を遺産の相続人から抜いた。の死後、銀行口座、銀行投資はすべて凍結され、裁判所での遺言検証が始まった。その息子はすぐオーストラリアから遺産目当てに飛んできた。しかし、遺書に自分の名前がなかったのでひどく腹をたて、同じ子供なのに不公平だと裁判所に異議を申し立てた。兄弟たち、A子さんの間で、壮絶な遺産争いになり、もう3年が経つに、お金は凍結されたままで、まだ解決されていない。増えるのは護士の費用だけ生活にも事欠くようになった。唯一、が生前、一部を保険会社のSeg Fundにいれくれてたので、受取人A子さんにすぐにそのお金が支払われた。”他の遺産はいつになったらもらえることやら。もっと、SegFundにいれといてくれればよかったのに。”と嘆いている。

Case 2

 3人の子供のいる高齢の母親はWest Side何十年も前に買った家があり、それが$2.5millionに上昇した。一人の息子がビジネスをやりたいとのことで、母親の住んでる家を無理やり売らせて、その中から$300,000を貸してくれと言ってもっていった。5経つのに、息子のビジネスはうまくいってなく、お金を一向に返してくれない。怒った母親は残りのお金をSeg Fundにいれ、受取人を息子を除く娘2人にした。家も売りたくなかったのに売って息子を助けた。もう息子には十分してあげたので、自分が亡くなった後、ちゃんとお金が娘2人にいくようにした。この場合、保険会社は受取人である娘2人にお金を支払うので、息子が裁判所にいくら異議申し立てようがSeg Fundのお金はProbateされないのまったく関係ない。

 このように、保険会社の投資商品、定期預金にいれていれば、死後、裁判所にコントロールされることなく、自分がコントロールでき、お金を残したい人にお金が速やかにいきます。

また、生命保険の死亡保険金も遺言検証はいらないので、受取人に速やかに支払われます。

お問い合わせ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です