お金について〜投資アドバイザーQ&A〜

投資アドバイザー “お金について Q &A”

Q: 私は48の夫と15才と12才の2人の子供がいる主婦です。コンドミニアムを持っていますが、モーゲッジを払うのがやっとで貯金あまりありません。夫の保険は掛け捨てだけで、8年前、家を買った時、10ごとに高くなるタイプの$300,000の掛け捨て保険に入りました。保険料は毎月$30 11年目から保険料が毎月$150になります。生命保険は絶対に必要ですが、保険料がかなり高くなるので、どうしたらよいのか迷っています。

life-insurance-money

A: 生命保険は稼ぎ手のご主人が万一、お亡くなりになっても、家族がらないようにと、250年前イギリス始まりました。最初は、みんなで、お金を出し合い、ご主人が亡くなった家に払っていました。それで、以前は相互会社、(Mutual company)といわれていました。今、一番、亡くなる確率が高いのが、がん千人中、3人ぐらいはがんで亡くなっています。ですから、生命保険とともに、がん保険(重大疾病保険)も必ず入っていたほうが良いです。

この方の場合、今かでも遅くないので、掛け捨てT10 $300,000$100,000終身保険にConvert(転換すると、健康診断なしでConvertできます。)残り、$200,000を掛け捨てT20に変えたほうが良いです。終身保険、$100,000だけでは保障が足りないので、後20年間、終身保険の上に掛け捨て保険T20 $200,000をのせて保障を大きくします。20年後は、子供さんたちも大きくなり、家のモーゲッジの残高も減っているので、終身保障$100,000でも大丈夫でしょう。48才男性、NS(ノンスモーカー)Universal Life$100,000T20 $200,000 保険料、毎月$162です。

掛け捨て保険は読んで字のごとく、お金を捨てるようなものです。掛け捨て保険は家のモーゲッジがある時とか、子供が成長するまでの期間限定で入るのは良いですが、最長80才までしか保障がなく、寿命が長くなっているので、80才までに亡くなる方は少なく、ほとんどの方は保険金をもらうことができないで、保険料だけ払い、保険会社をもうからせる保険です。40才の男性、NS, T10、保障$300,000 40年間掛け捨て保険の総支払額はなんと$169,380になります。80才までに亡くなれば、保険金$300,000がもらえますが、その確率はますます低くなっており、保険料はってきませんし、積立金もまりません。

*掛け捨て保険は終身保険に健康診断なしで、簡単にConvert(転換)できます。終身保険に入っていれば、人間いつかは死ぬので、長生きしてもいずれは保険金がもらえます。

life-insurance-1

保険料は若いほど安く、毎年、高くなるので、終身保険にできるだけ早く入り、20年ぐらいで払い込み終了し、一生涯保障がある終身保険に入ったほうが断然、お得です。

終身保険は大きくわけて、Whole LifeUniversal Life があります。

Whole Lifeは保険の中で、一番保険料が高いですが、終身保険と年金の両方できる、有益な保険です。積立金はマーケットで運用されず、保険会社の利益の配当金で、毎年、確実に6%-8%の利回りがあり、しかも非課税です。その上、保険料払い込み終了後も積立金がぐんぐん増え、将来の年金として利用できます。40才の時、$100,000 Whole Life 15年払い込み終了保険料は 毎月$265 で、15年間総支払額は$47,700すが、20年後には積立額がこの総支払を超えて、どんどん増えていき、しかも、終身保障もあり、将来の年金なります。

Universal Lifeの保険料はWhole Lifeより、安いので、これに入っている方が多いですが、積立金は非課税で、株式や債券のマーケットで運用されます。加入時、20年で払い込み終了と思っていたのに、運用利回りが予定利率より下がり、20年で払い込み終了ができず、延長して払わなければいけないケースが続出しています。Whole Life20年、15年で払い込み終了と設定した場合、保険料支払いの延長はいっさいないです。

従って、生命保険は必須の金融商品、これによって私たちは安心して生活できます。

1.残された家族の生活保障。

2.亡くなられた方に財産がある場合、(借金がある場合でも)不動産や、投資資産を売却して、税金の支払いにあてなければいけませんが、生命保険金で税金を払い、不動産、投資を処分しなくてもいいです。

3.会社としてれば、キーパーソンの死亡による損失を補てんできます。

注:上の保険料は保険会社各社で多少の違いがあります。

 group-term-life-assurance-large

**重要なお知らせ**

カナダ政府の税改正により、カナダの保険法が改訂されるため、2017 1から、保険料が高くなります。生命保険に入ってない方は今年中に入ったほうが割安となります。

また、掛け捨て保険は今年中に終身保険に転換した方がお得です。生命保険のお見直し、ご質問等はお気軽に、下記までお問い合わせください。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です