トロント、バンクーバーの住宅状況

Picture-3071-1024x758カナダの2大都市トロント、バンクーバーの住宅価格の高騰を受け、外国人投資家がどれだけ不動産を所有しているかが大きな問題となり、カナダ政府も本格的な調査を行うことを発表しましたが、この度、CMHC(Canada Mortgage and Housing Corporation )がトロント、バンクーバーのコンドミニアムを外国人投資家がどれだけ所有しているのか調査報告が公表された。

これによるとトロントでは、1990年以前に建設されたコンドミニアムを外国人投資家が所有している率が2%未満でしたが、2010年以降に建設されたコンドミニアムに関しては、7%以上に達していることが明らかになった。この数字は、バンクーバーでもほぼ同じ状況と言うことです。ただそれぞれのダウンタウンで見るとその数字は、およそ10%にまで跳ね上がると言うことです。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です